• 電話0797-38-9891
  • 住所〒659-0025 兵庫県芦屋市浜町9-9

診療ご案内

診療科目

  • 内科(消化器、肝臓、胆のう、膵臓、内視鏡)
  • 外科
  • 肛門外科
  • エコー検査、胃カメラ、大腸カメラ、日帰り手術(大腸ポリープ切除、痔、その他)

診療内容

口腔、のど、甲状腺、食道味覚障害、舌のいたみ、舌炎、慢性の咳、のどの渇き、のどのつかえ、胸やけ(逆流性食道炎)、甲状腺疾患。
胃、十二指腸ピロリ胃炎・症候性胃炎(機能性ディスペプシア)、胃十二指腸潰瘍など。
  • ピロリ菌除菌治療(除菌のむずかしい方の3次除菌にも対応しています)
肝臓、胆のう、膵臓B型肝炎、C型肝炎、脂肪肝、肝硬変、アルコール性肝障害、胆石、胆のうポリープ、慢性膵炎など。
  • 肝炎の助成制度(肝炎治療受給者証)による治療可能。
大腸、肛門お通じの異常(過敏性腸症候群)、潰瘍性大腸炎、大腸ポリープ、痔など。
  • 日帰り手術(大腸ポリープ、痔)
  • いぼ痔を注射で治す内痔核四段階注射療法(ALTA療法)認定施設。
糖尿病、生活習慣病メタボ、糖尿病、肥満、高血圧、コレステロール、痛風(高尿酸血症)。
  • 心電図、頸動脈エコー、血圧脈波などすべて院内で検査可能。
  • 糖尿病診療に力を入れています(インスリン外来導入にも対応)。
がん診療と予防早期診断から術後ケアー、緩和医療まで。がん治療認定医。
  • 胃がん予防(ピロリ菌除菌)
  • 大腸がん予防(大腸ポリープ切除)
  • 肝がん予防(肝炎治療)
各種手術
けが、やけど、おでき
手術はできるだけきれいな傷あとを心がけています。
けがややけどには湿潤治療も取り入れて痛くなくきれいに早く治るように心がけています。
健診、がん検診特定健診(メタボ健診)、がん検診。
予防接種インフルエンザワクチン、肺炎球菌ワクチン、B型肝炎ワクチン。

日常の急性疾患(風邪、インフルエンザ、胃腸炎など)はもちろんのこと、上記診療内容以外にも甲状腺疾患、呼吸器疾患、循環器疾患、泌尿器科疾患なども遠慮せずにご相談ください。

検査

胃カメラ最新の胃カメラ(鼻から、口からの両方)を完備。
エコー検査腹部(肝臓、胆のう、膵臓)のみならず胃腸、泌尿器、甲状腺、体表面、頸動脈まで幅広く対応。
大腸カメラ最新の大腸カメラを完備し、簡単な短い検査と、大腸全体の検査に対応。
  • 内視鏡的ポリープ切除可能。大腸ポリープ切除は日帰り手術で行っています。
消化管透視検査胃、大腸のバリウム検査などが可能。誤飲やけがによる異物確認にも対応。
その他の検査生活習慣病に必須の心電図、頸動脈エコー、血圧脈波、耐糖能精密検査など。

連携病院

兵庫医科大学病院外科、呼吸器循環器外科、乳腺内分泌外科、放射線科、各種内科
明和病院外科、消化器内科、循環器内科、放射線科
笹生病院放射線科など
尼崎中央病院血液内科
協立脳神経外科病院脳神経外科
市立芦屋病院消化器内科、糖尿病内科など

疾患と検査、治療

ストマッ君の由来

ストマッ君のイラスト

昭和61年6月に医師となり、大学病院研修時代、関連病院出向時代に尊敬する恩師の先生方から教わったのは診断の大切さと臨床的第六感を身につけることでした。病気の手術や治療を行うにはまずその患者さんの病状を詳細に知ることが必要です。新米時代は術前の検査、手術の所見、切り取ったがんの観察を診断にフィードバックしていくことに没頭しました。この経験が現在の手術、内視鏡診断、超音波診断、他の画像診断、治療へのこだわりに結びついたのは言うまでもありません。昭和63年頃、胃(ストマック)の診断に没頭していた頃、頭に浮かんだのが胃のキャラクターでした。昭和63年当時は胃透視君と名付けていましたが、ストマップ(術前検査をもとに手術前に予想して絵書く切除された胃のスケッチ)にちなんで、時代とともにストマックン(ストマッ君)と名前が変わっていました。にしわき消化器内科・外科クリニックの診断と治療に対するこだわりのシンボルとして、元気いっぱいのストマッ君をクリニックのキャラクターに決定しました。また、カンゾウ君は数年前にストマッ君の友人として誕生しました。ストマッ君が消化管に対するこだわりのシンボルならば、カンゾウ君は肝・胆・膵に対するこだわりのシンボルです。

モバイルサイト

http://www.nishiwaki-clinic.com/

モバイルサイトはこちらのQRコードをご利用ください。